使えるもの、使いづらいものがあるよね

自分にとっての使い勝手はどうだろう

面白い撮影に欠かせないものとは?

そもそも、映像を撮る目的は人によって様々ですが、出来上がりの作品を見た人に驚きや感動を与えたいと思うのは、当然ですよね。
だから、逮捕者まで続出する悪質な人も存在してくるのかしらね。
犯罪だと分かっているのかどうか、不明ですが、過激な映像をインターネットにアップするなんて行動をしてしまうのでしょうか。
これって、他者からの注目だけを浴びたいという願望にすぎないと思えてしまいます。
この解釈は私、個人のことですが、撮影者として、法令は守る気持ちを持っていて欲しいと願うのは、迷惑なことなのでしょうか。世の中、常々、他者の不幸を笑い者にする傾向を感じることがありますが、不幸の連鎖を起こしやすいように思えるのです。嬉しいことがらや他者を楽しませる表現を心がけて欲しいと願うばかりです。
ま、面白いと思うか、辛いと思うか、人それぞれ違ってくるのですがね。
そのためなのか、動物の映像などが人気になるのでしょうか。

単独での撮影?共同作業としての撮影?

自分一人で撮影するのか、それとも誰かと一緒に撮影するのか、用途によっても違ってきますよね。
組織の業務の一つとしての撮影なのか、自己満足の趣味での撮影なのか。
全く目的が違ってくるとは思いますが、いずれにしろ、楽しんで撮影して欲しいと願います。何事も嬉しい気持ちで取り組むと、作品にも影響が出てくると思うからです。
ま、これも、私の思い込みですが。
でも、撮影に活用する機材などは、一人で撮影する場合と何名かで撮影する場合とでは、違ってきたりするものなのでしょうね。
また、自分、独りで大事に使う場合と企業の持ち物だと思うと乱雑に扱ってしまう場合などもあるのかもしれないですね。でも、自分以外の人と撮影する場合は、いろんな意味で情報や技術的なことなど意見交換できるのがいいですね。