使えるもの、使いづらいものがあるよね

発見の楽しみ!

映像を記録として残す目的であっても、誰かに見て欲しいとメッセージとして撮影するにしろ、撮影者が撮りたい動画を撮影できれば問題ないですよね。でも、こちら側から見る動作と反対側から見ることができた映像とは、違ったものがあるはずではないでしょうか。そのための道具があれば、使わない手はないですよね。

道具で表現力が上がるなら!

一つの方向からの見る視点と、角度をつけてみる風景とは、違った映像が見ることができますよね。
それって、視野を広げることができるのではないでしょうか。
昨今では、ドローンでの撮影も可能になっているのですが、ドローンも一種の撮影機材と呼べるのかは別として。
以前、耳にした言葉で印象に残っているのが、「発見することで自分の世界を広げることができる」と。
そして、発見することで、自分以外の人の世界も広げることができるのならば、とても素晴らしいことではないでしょうか。その発見の積み重ねを経験として受け止めることができたなら、とても豊かな人が増えてくるのではないのかなと思ったりするのは、私の思い入れでしょうか。
そのための、いろんな道具を機材とでも称するのかもしれないですね。
画質を落とすことなく、解像度の高い映像を作ることができて、その映像を見る人が、何か新しい感動や視野を手にすることができたのなら、少々大げさですが、人類の進化に寄与することにもなるかもしれない、と思うのは、妄想すぎますか。
また、過激な映像を撮るのもですが、海底での映像を撮るにも、カメラを守るための防水も必要になるでしょう。
他に、ある一定の時間に撮影できるようにするタイマーなどもあれば、人の感覚だけに頼らず、一定期間の撮影が可能にもなりますよね。そうそう、暗闇で撮影できるようになる機材もあるように思いますが、いかがでしょう。
このように、いろんな撮影をし、その映像を見ることでいろんな人へ感動や視野を広げることができる映像って解釈をするとワクワクしてきませんか?

自分にとっての使い勝手はどうだろう

三脚も撮影機材の一つですよね。ただ、単にカメラやスマートフォンを設置しておくだけの用途だけを求めるのであれば、なんてことないのだけれど、運搬などを考慮すると軽いに越したことはないですよね。 食べ物なら、試食ってのがあるけれど、撮影機材には、お試しなんてのがあるのかしら?

使用頻度が高いものは?

機材や器具は、日進月歩で進化しているとは思いますが、全てを購入して管理するのはチョット、しんどいような気がします。まずは、使用頻度が高い器材から、お試しで使ってみるのはいかがでしょうか。 そうだ!レンタルがあればいいですよね。使ってみてから、使用頻度が高いと思えば購入してみる、なんてね。